Colorless Sky

Garden Blog
蘭を中心にいろいろと……
彼岸花

八重咲彼岸花

八重咲彼岸花

数年前、頂いた小さな球根、ようやく今年初花を見ることが出来ました。

雌蕊雄蕊が花弁化した花は遠目で見ると、普通の彼岸花とそう差はない感じがします。でも、近くで見ると細い花弁が重なった花はとっても繊細な感じ♪

どこか線香花火に似てような気がしてます。

 

こちらは黄色い彼岸花、奄美鍾馗蘭。

奄美鍾馗水仙

奄美鍾馗水仙ともいうそうです。名前の通り、奄美大島産。

赤い彼岸花とは別種。もちろん属は同じです

鮮やかな山吹色の花は、赤い彼岸花に比べて大輪。そして種も取れてるので、実生で増やすこともできます。

まぁ、1僂砲睨たなない種がから開花サイズまでなるには数年かかります。種も出来にくいし、発芽率も悪い感じがします。これはセルフなので、そのせいかもしれないのですけれども。

今発芽4年目の苗があるけど、まだ開花サイズには至らず。そんな訳で分球で増やした方が早いです(笑)

その他 | 23:00 | comments(0) | -
風蘭いろいろ

今年の風蘭ももう終わり。

5月上旬に咲いた四川風蘭に始まった我が家の風蘭の開花。

ここ数年、花芽が伸びている最中にスリップス被害でまともに開花できてなかったんですよね。

今年は消毒のおかげでどの風蘭も綺麗に咲いてくれました♪♪ほんと消毒は大事です!

 

ブログさぽりまくりなので、我が家の今年の風蘭の花一部紹介。

 

四川風蘭

四川風蘭

5月上旬に開花します。名前の通り中国原産の風蘭。

日本の風蘭と比べると花茎があまり伸びず、低い位置で分岐して花をつけます。香りも少し甘い感じが強いかな。個体差かも、ですが(笑)

日本の風蘭と違って、冬の間は葉が閉じているのが面白いですね。

 

赤花風蘭

猩々(実生)

猩々(実生)

赤というよりはピンク。実生なので個体差あるので、これは色が薄いタイプかな。7.8年育てて大きくなっていたけれど、スリップスのせい花が今まで見れなかったので初花(笑)

 

朱天王(実生)

朱天王(実生)

以前育てていた朱天王が枯れたので、リベンジで育て始めた個体で9年目で初花。

大株になっていたけれど、猩々と同じで以下同文(汗)

 

緑花・翡翠(実生)

翡翠(実生)

咲き始めなので花弁があまり伸びていないけれど、そのぶん、緑が鮮やか。

花弁が伸びるのと色が淡くなるんですよね、日が経つと緑が抜けるし(笑)

緑花は咲き始めの色が一番綺麗です♪

 

豆葉実生(十二単交配)

豆葉実生(十二単交配)

4年ぶりにぐらいにまともに開花(笑)これもまたスリップスに以下同文。

距が短く、上を向いて咲く天咲。花弁も伸びないので、可愛いらしい印象です。

 

無銘風蘭

風蘭

花弁の先をほんのり赤く染めるところが可愛い花。
この子もここ数年、スリップス被害で以下同文(汗)

根っこに去年の被害が残ってるのが写ってしまっています。花だけじゃなく根まで被害が出てしまうのがスリップスの怖いところ……

 

徳之島産風蘭

徳之島産風蘭

我が家では8月半ば頃からの開花。南方産なので大柄で花も大きめ。

そして開花が遅めなのが特徴。産地を変えて揃えると長く花を楽しめるよ、とすすめられて迎えました(笑)4個体ぐらい育ててます。でこれもまたスリップスで以下同文。

 

黄花交配

黄花交配風蘭

そして我が家の風蘭の最後を飾るのがこの黄色い花の風蘭。

洋ランが入っているからこそのこの色なのですが、風蘭の血が濃いので育て方は風蘭と一緒です。温度も気にしなくて大丈夫♪

咲き始めは淡いクリーム色なのですが、次第に色が乗って山吹色に変化していくところが綺麗なのです。

数年ぶりの開花かな。これもまたスリップス以下同文。

 

いかにスリップスに悩まされていたかの愚痴まじりの風蘭開花話でした(笑)

消毒大事です!!以上

風蘭 | 11:15 | comments(0) | -
Podangis dactyloceras 'Kurage'

Podangis dactyloceras Kurage

ポダンギス原種ダクティロセラス ‘クラゲ'です。

白く少し透ける半透明でガラス細工を思わせるような花です。

個体名のクラゲは花の形からかな?

でもきっと、他の個体でもクラゲを思わせる花形のような気がしますけれども(笑)

1株から3本程花茎が上がって花付きもいいので、とても涼しげで綺麗です♪

 

去年、一昨年とスリップスのせいであまり綺麗に開花させてあげれなかったので、ブログにあげたのはこれが初めてかな。

最初、花の印象で繊細で気難しそうと思いながらも連れて帰ってきたのですが、意外に丈夫で素直に育てくれてます。

やっぱり消毒、消毒薬の選び方は大事だな、と思い知らされた株の一つです(笑)

その他洋ラン | 15:25 | comments(0) | -
Galeandra baueri

残暑お見舞いもうしあげます。

年の初めに、今年はブログを少しずつでも書こうと思っていたのに、気が付けば半年以上放置とか……(汗)

ダメダメな自分です。

 

気を取り直して、現在咲いている花を。

Galeandra baueri

ガレアンドラ原種バウエリです。

濃い褐色の花弁に、リップは紫を帯びたピンクの渋めの花なのですが、リップの裏のストライプ模様がオシャレなのです。

バルブの先端から細い花茎が伸びて枝垂れて咲いてくれます。

1花茎7輪だったかな。

この花が終わる頃、花茎の節から次の花茎が伸びてきてまた咲いてくれます。現在のこの花は終わって次の花茎の先には1花茎8輪の蕾が育ってます。

これを数回繰り返すので、結構花のある時期は長いんですよね。ちょっと私の好みとは違うけれど、良い香りもします。

 

ただ、とてもスリップスやハダニに好かれるタイプです。 

下手をすると被害で花をみることはできないんですよね。少々の防除じゃ被害は防げません。

去年はシースの中で花茎がダメになる程の被害でした(汗)

師匠に相談し、アドバイスとお勧めに従って、去年秋、冬の取り込み前、今年の春外に出す前、出した直後、その後1ヶ月半毎に、殺虫剤、殺菌剤、殺ダニ剤、展着剤を毎回調合して散布してます。

この子以外にも、風蘭とか結構被害を受けていたのですが、今年はほとんど被害を受けずに元気に育ち、花を見せてくれてます。

面倒でも、調合済みの総合消毒液よりも、必要なものを選んで調合した方が効果は確かだと、思い知りました。

その他洋ラン | 19:27 | comments(0) | -
L. anceps f.lineata 'Kurahashi'

L. anceps f.lineata Kurahashi

レリア原種アンセプスの筋花(リネアータ、ディシプリナータ(disciplinata)とも言うそうです)、クラハシです。

ちょっと写真の写りが悪くてわかりにくいのですが、ピンクの花弁に、濃いピンクの筋が模様がはいる個体です。

同じアンセプスでも、花弁に筋が入るので、並べると華やかな印象です。

実物はもっと綺麗なのですが、私の写真の腕が悪くてあまり綺麗さが写真に残ってなくて残念。

 

実はこれ、去年の写真。今年は年始年末でバタバタしてる時に咲いたので、タイミングを逃してしまって写真を撮る頃にはスリップスに美味しく頂かれてしまってました(汗)

カトレア類原種 | 19:15 | comments(2) | -
| 1/361PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS