Colorless Sky

Garden Blog
蘭を中心にいろいろと……
エビネ その6
これで今年の春咲きエビネは終わりです。

白蓮×白妙
白蓮×白妙
この子も日○エビネ園の交配。我が家にきて丸7年かな。
一回調子を崩してその後なかなか復調してくれなかったのですが、去年から花を見せてくれるようになりました♪♪
少し花は小さ目だけれども、丸みのある真っ白な花に惹かれて連れて帰ってきたんですよね。
爽やかな香りもあるんですよ。
このまま元気に育って行ってね。

無銘サツマ系
無銘サツマ系
すっごく久しぶりの開花。多分5.6年は咲いてなかったような(汗)
もともとは別の株を買った時に、鉢に一緒に入っていた小さな苗でした。
バックバルブから芽吹いたのかな、と思っていたらまったく違う花が咲いたんですよね。
兄弟か、それとも実生か、そのあたりは不明ですが、もともとが小さかったので、一回調子を崩すとなかなか立て直すことができなくて、久しぶりの開花になりました。
でも、やっぱり花後の感じとしては不調な気が……(汗)
元気に育ってくれれればいいのですが。

今年もなんとか、ウィルス被害も出ずに済みました。
エビネの場合、春は花の楽しみがあると同時に、新芽や花でウィルスの症状を確認するので、ビクビクする時期でもあります。
なんとか乗り越えたので、また来年にむけて大事にお世話していきたいと思います。
えびね | 17:40 | comments(2) | -
エビネ その5
無銘サツマ系
無銘サツマ系
花弁の外側は赤褐色、内側は赤い筋模様が入る黄色というちょっと変わった色彩の花。
今年の筋模様はちょっと薄めですが(笑)
少し細めの花ですが、華やかな印象の花です♪

無銘サツマ系
無銘サツマ系
藤色の舌と、真っ白な花弁にほんのりと薄紫をぼかしたとても清楚な花。
とっても気難しい子です(汗)咲かない年もあるし、油断するとすぐに弱ります。
回復しては弱り、回復しては弱りと繰り返し、なんとか去年ぐらいから調子が上向き加減で、4年ぶりに開花になります。花数も少なくなんとか咲いた、という感じですが(汗)
弱った株はウィルスに感染しやすいような気がするのですが、なんとか症状もでず維持できてます。
来年も元気で、またこの花が見れるといいのですが。

彗星×武蔵
彗星×武蔵
日○エビネ園さんの交配。
とっても華やかなエビネです。我が家で一番派手なエビネ(笑)
花形も整ってますしね。ころんとした花形と、花弁の内側と外側の色の違いが面白くて選んだ記憶があります。
上の白い子ほどではないにしても、この子も気難しいところがあって4年ぶりの開花です。
調子はかなり戻ってきているので、この調子が維持できますように。
えびね | 16:56 | comments(0) | -
エビネ その4
サツマ 窓の梅
窓の梅
少し黄色味を帯びてしまったのですが、ころんとした丸い形が可愛い緑白のエビネです。
とっても丈夫でよく増えてくれます♪
が、油断するとバルブが太らず、新芽の数だけが増えてしまうことも。植え替えさぼると顕著でした(苦笑)
なので、こまめに植え替えて、生長方向に鉢の余裕を持たすように気を付けてます。
明るい所で咲かせてしまったので、花弁は黄緑色になっているのですが、暗めのところで咲かせると綺麗な緑の花弁になるそうで、花芽が動き始める頃置場を変えればいいそうなのですが、生長期なのに暗めはねぇ……とか思って実行できず(笑)

無銘スイショウ系
無銘スイショウ系
うつむきがちに咲く、すっきりした形の淡い紫のエビネです。キリシマエビネの血が濃い感じかな。
咲き始めの花弁は少しピンクを帯びて濁った色彩なのですが、咲き進むと綺麗な澄んだ淡い紫に変化します。
やっぱり丈夫でよく増えてくれます。
1回、増えずにすごく太ったバルブを作った年があるのですが、花の数がとてもすごかったです。
もう一度その時の状態にしてみたいのですが、ほどほどに太って、よく増えている現在です。難しいですね。

無銘サツマ系
無銘サツマ系
舌の赤がとても鮮やかなエビネです。
花弁の内側は淡くピンクを帯びたクリーム色、外側は赤褐色という裏表で随分と花色が違います。
元気に育って増えてくれていますが、やっぱり満作に持っていくのは難しいんですよね。

「エビネは簡単だけど、とても難しい」と師匠が言っていましたが、何年も育てていると、年ごとにその言葉を深く実感します。
ウィルス問題や、増えるけど太らないとか、咲かないとか……。来年に向けて日々、努力です。
えびね | 07:24 | comments(0) | -
エビネ その3
もうすぐ風蘭の開花が始まろうというのに、未だにエビネ、セッコクのブログアップが終わってません。
追いつけるのはいつになるやら(汗)

無銘スイショウ系
無銘スイショウ系
赤紫色の落ち着いた花色。
何故かこの花を見ると、ブドウの巨峰を思い浮かべてしまうんですよね(笑)
花と花の間が詰まって、まるでヒヤシンスのように咲くのも可愛いのです♪

コオズ 文楽
コオズ 文楽
5年ぶりぐらいかな、久しぶりに咲いてくれました♪♪
我が家のエビネたちの中では気難しいタイプ。なかなか太ってくれないのですよね。ずっと細い芽が続いていて、なんとか枯らさずにいたのですが、去年から今年にかけては、あまりご機嫌を損ねることなく育ってくれました♪
淡い紫の花弁に、黄色を一滴落とした白い舌が清楚で綺麗いな花です。
師匠によれば気難しいのは、ニオイエビネの血が濃いからでは、という話ですがどうでしょう。
来年は、もうちょっと太らせることが出来て、花数も増えてくれればいいのですけれども。

サツマ系実生
サツマ系実生株
3年ぐらい前になるかな、いくつかのエビネの鉢に、小さな小さな株を6.7株ほど発見。
前の年に、種がついたエビネがいくつかあって、そのままにしていたので自然発芽した模様。
植え替えの時に、実生苗を集めて寄せ植えにしました。結局現在残っているのは3鉢。
一番生長のよかった株が初花を迎えました♪♪
写真だと黄色味が強くなっていしまっているのですが、僅かにピンクをぼかした淡緑の花弁にピンク舌の可愛い花です。
ちょっと俯きがちに咲きます。
多分、親はあの株(→開花写真)だろうなぁと見当をつけてます。この株、去年、開花後に急に調子を崩して枯れてしまったのんですけれどもね。
子供なら忘れ形見になってしまいました(涙)
えびね | 23:59 | comments(0) | -
キリシマエビネ
色々写真が溜まっていて、実際の開花から2か月程遅れてます。
頑張って追いつかないと、と思っているのですがなかなかな……。

とりあえず、エビネの続きを……。
エビネ原種の一つ、キリシマエビネ。
淡い色彩の花がうつむきがちに咲いて、長い距が特徴なのですが、結構個体差があって、気に入った子がいたらついついと……。
気が付いた5鉢育ててました。そして今年新しく1鉢迎えてしまいました(笑)
今年は4鉢開花。まとめてupします。

#!
キリシマエビネ#1
我が家最古参のキリシマエビネ。
淡く紫を帯びた白い花弁に、優しいピンクの舌。ころんとした花形が可愛い花です♪
ただ、ちょっと性質が弱いのか増えないどころか、太ってくれないんですよね。
しっかりと太って増えてくれればいいのですが、なかなか難しいです。

#2
キリシマエビネ#2
素心に近い個体。花は真っ白なのですが、蕾は微かに淡く紫を帯びるので素心とは言えないのですけれどもね。とっても清楚な花です。
やっぱり、ちょっと性質が弱くて増えてくれません。

#4
キリシマエビネ#4
我が家で一番元気で素直なキリシマエビネ。
内側はやっぱり白に近い淡い紫なのですが、花弁の裏側はピンクを帯びた藤色。
#1,#2に比べると、少しシャープな印象の花です♪♪

#3
キリシマエビネ#3
我が家で一番ほっそり、シャープな花を咲かせてくれるキリシマエビネ。
濃色個体のはずなのですが、今年はなぜが発色が……(汗)とても薄い色彩で咲きました。
結局、蕾も沢山ついたのに、綺麗に咲いたのは数輪だけ。株は元気なのに不思議です。

#6
キリシマエビネ#6
我が家の新参者。
写真では色が飛んでわかりにくいのですが、花弁の内側がほんのりと黄色を帯びているのが気に入って連れて帰ってきました。
元気に育ってね。

#5は去年調子を崩して現在建て直し中。
だいぶ調子は戻ってきているのですが、今年は花芽なし。来年に期待です。
 
えびね | 23:59 | comments(2) | -
| 1/22PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS