Colorless Sky

Garden Blog
蘭を中心にいろいろと……
キバナノセッコク
我が家のキバナノセッコクたちをまとめて紹介。
セッコクと名前の一部に入っていても、キバナノセッコクとセッコクとは別種。
日本に自生する3種類のデンドロ原種の一つです。

#1(H27/5/24撮影)
キバナノセッコク
我が家最古参のキバナノセッコク。
かなりな大株にしたのだけれども、毎年、沢山の花を咲かせてくれていたのだけれども、去年ぐらいから不調気味(汗)
今年は花数も少なくて、花にも勢いがないんですよね。
頑張って建て直しをしなければ……。

#3(素心花 H27/6/21撮影)
キバナノセッコク素心
こちらは舌に赤が入らないタイプ。
赤い色素を持たない個体なので、花弁の緑も明るく澄んだ印象。
赤い色素をもつ標準個体と比べると少し生長がゆっくりな感じがするけれど、元気に育ってくれてます。

#4(H27/7/9撮影)
キバナノセッコク
こちらは、去年もらった苗なのですが、初花です♪
頂いた時でバルブ5僂曚鼻∈でも10儷ぐらいなので、咲いてビックリでした。咲きやすい個体なのかな。

#2も小さな苗を頂いて、3年目経って、結構大きくなっていますが今年はまだ咲きませんでした。多分来年ぐらいには花が見れるかなぁと思っています

鉄皮セッコク(H27/5/8撮影)
/鉄皮セッコク
去年小さな高芽も頂いて、今でもまだまだ小さな株です。まだバルブが5僂砲睨たない状態です。
なのに咲いてビックリ。

鉄皮セッコクは、中国産のキバナノセッコクだという方もいれば、別種だという方もいるそうです。
まぁ同種いえば同種の変異範囲内なんだろうし、別種だと言われれば、まぁそうかもね、と思えるぐらいです(笑)
セッコク | 23:43 | comments(0) | -
イセ
セッコクとキバナノセッコクの交配種、イセ。どの子も、枝咲の見事な紅一点花です。
セッコクより少し遅れて咲いてくれます♪

三冠王(27/5/30撮影)
三冠王
とっても大株になった三冠王♪♪
写真だとわかりにくいけれど、花弁の縁が緑に彩られた綺麗な花です。花弁の緑の覆輪は日が経つと抜けて白くなってしまのですけれどもね。
とはいえ、花数がとっても多いので満開になるととっても華やかです。
でも、ちょっと花数がありすぎて、奥の方の花は押されて押されて綺麗に咲けない状態(汗)少し株を整理してもいいかもなぁと思ってます。

花だけではなくて、葉も特徴のある三冠王。
中透けのとてもな派手なタイプの葉なので、花のない時期もとても目を楽しませてくれます。
少しずつ暗んで、白い部分に緑がのって地味になってしまうんですけれどもね(笑)でも、そうやって緑の部分が増えるから丈夫で元気に育ってくれるのかも、ですよね。


三冠王の青(H27/5/24)
三冠王の青
三冠王の芽変わりと言えば恰好がいいけれど、単に斑がなくなってしまった個体です(笑)
花弁は淡い緑色。とっても上品で綺麗な花です♪
ただ緑は数日で抜けて白い花弁になってしまうのが残念。

黒岩
黒岩
ちょっと天気の悪い日だったので、全体的に暗い写真になってしまってます。(27/5/15撮影)
淡いグリーンの花弁に、ピンクをぼかしたような少し変わった色彩の花です。
この緑もやっぱり抜けてしまうんですよね。

そして緑が抜けた花がこちら(H27/5/24撮影)
黒岩
淡いピンクの花弁の可愛い花に変化しました♪
 
セッコク | 01:24 | comments(0) | -
セッコク その11
ちょっとバタバタしているうちに、1週間パソを立ち上げてませんでした(汗)
そして、迷惑メールの数がすごいことになってました(笑)

早く追いつきたいのに、まだ5月撮影分が続きます。

無銘T県産 (H27/5/15撮影)
T県産
丸みのある大きめの花を咲かせてくれます。
他のセッコクたちと比べると、結構大柄。そして軸は柔らかめなので、花が満開になると枝垂れます(笑)
それがまた風情があっていいんですよね♪♪

撫子 (H27/5/24撮影)
撫子
小さな高めをもらって4年ぐらいかな。ようやく初花です♪♪
ピンクの花弁の中央に赤い筋が入るのが特徴。紅筋花というのだとか。
よく陽に当てた方が、花の赤の発色は良いらしいですが、ちょっと暗かったかな。
周りのセッコクがよく茂って、陰になってしまっていたのですよね。
もう少し置場を考えてあげなければ、です。
よく増えるのでそこそこな株立ちになってくれてます。来年は華やかに咲いてくれそうなので今から楽しみです。

白滝瑠璃姫 (H27/5/15撮影)
白滝瑠璃姫
ピンクの花弁の内側に、濃い赤の模様が入る、ちょっと変わったタイプの花。花付きがとってもいいので小さなブーケのように咲いてくれました♪
このちょっと変わった花、ネットで検索してみると桃花紅星状内覆輪花と表現されてます。わかったようなわからないような……(笑)
葉に斑があります。暗い中透けというのかな。葉の縁は濃い緑、内側は明るい緑になっているかなり地味な斑です。
でも、その葉の斑が花にも表れているからこんな花になるのだとか。
芽変わりして、葉の斑がなくなってしまうと、花も普通の赤花が咲くのだそうです。今年の新芽の中に、斑がないのが1つあったんですよね。どんな風になるのか、ちょと楽しみなような、怖いような気がしてます。

 
セッコク | 23:59 | comments(0) | -
セッコク その10
セッコクはもうちょっと時間が経ちすぎて、どれがどの株の写真だかわからなくなったのが多々……(汗)
そんな訳で、どの個体の花か判別がついたものだけupしていくことにします。

雅 (H27/5/15)
雅
写真では少し色が飛んでいるけれど、とても綺麗な覆輪花。
少し花弁が抱え込むようになって、あまり平開した花にならないのが特徴なのかな。
丈夫でよく増えて、花付きもいい三拍子そろった美人さんです。

紫式部 (H27/5/11撮影)
紫式部
やはり色が飛んでますが、雅と同じく覆輪花。
少しピンクの縁取りが弱いけれど、こちらは綺麗に平開してくれます。
素直な子が多いセッコクだけど、なぜか紫式部は少し手強いんですよね。
なかなか上手く太らせることが出来ないんですよね。精進あるのみです。


無銘  六弁花 (H27/5/15 撮影)
無銘六弁花
こちらは、舌が花弁化した六弁花。
ちょっとセッコクの花には見えない感じです(笑)
丈夫で素直に育ってくれる、いい子なのは間違いなし!
セッコク | 21:38 | comments(0) | -
セッコク その9
K県産
K県産
1冂度の小さな苗をもらって、今年で丸5年。ようやく初花です♪♪
濁りが少なく、黄色味のある軸は7.8cm程度までしか育てたない、比較的小型なタイプ。
花は、舌の目は小さ目だけども紅一点花です。舌が幅広なせいか、柔らかい印象の花です。

福の神(薄紅・変わり咲)
福の神
優しいピンクの変化花です。花弁が萼片に比べて小さかったり、くっしゅっ、握って皺を寄せたような花弁だっり、とちょっとずつ花によって違う変化を見せてくれます。
遠目でみると可愛いし、近くでみると変化が面白くて、ついつい眺めてしまってました(笑)

無銘(変化花)
変化花
霞千鳥と似た花だけれども、別個体で、こちらは無銘。
比べるとこちらの方が軸が細くて華奢な印象です。
花は四弁花になることが多いのだけれども、二弁花だったり、三弁花だったりと変化に富んでます。
ちょっと花付きが悪いのが残念。
きっちり咲かせてみせたいのですが、なかなか。よく増えて大株になっているんですけど、花はまばらです(笑)
セッコク | 23:59 | comments(0) | -
| 1/26PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS