Colorless Sky

Garden Blog
蘭を中心にいろいろと……
エビネ その2
コオズ系
エビネ コオズ系
光の加減で薄紫色に見えるのですが、少しくすんだような薄紫色の花弁に大きな白い舌が特徴の渋めのエビネです。
毎年、大きな冬至芽を作るのですが、そのわりに花数が今一つな感じです。
一度だけ咲かせることが出来た満作状態の時に比べてしまうので、毎年、来年こそ!と思うのですが、なかなか思うようには育ってくれません(汗)

スイショウ系
エビネ スイショウ系
この花は、澄んだ薄紫色。
白い舌と相まって本当に清楚な花です。
勢いが足りないと、奇形花になりやすい性質なのですが、今年は花数は少ないものの奇形花はほとんど出なかったです。
これでもう少し花数が増えてくれればいいのですが、なかなか難しいです。

サツマ系
エビネ サツマ系
こちらも薄紫色の花で、中心が白く、舌と花弁先に色が乗ります。
素直で増えやすい性質なので、すぐに鉢のなかがごちゃごちゃした感じになりがち。
定期的に株の整理しないと、どうも冬至芽が十分太れない感じがします。
増えてくれるのはありがたいのだけれども、置場が苦しい。
痛し痒しです(笑)

同じ薄紫系の交配エビネだけれども、やっぱり結構違います。
それで、エビネがマイブームだった時についつい好きな色彩なので集めてしまいました(笑)
えびね | 23:39 | comments(0) | -
エビネ その1
かなりブログアップが遅れています(汗)もう6月だというのにまだ4月半ばの開花をブログアップしてます。
という訳で、できるだけ駆け足で……。

タカネ
タカネ
エビネ自然交雑種タカネ(ジエビネ×キエビネ)です。
黄色の地色に赤褐色をぼかして、花弁と萼片との色が違うのが可愛い花です。
去年、冬至芽が大きいのに花数が少ないなぁと思っていたら、花後に調子を崩して現在建て直し中。
今年も花数は少ないけれど、ちょっと元気が出てきた感じです。このまま元気になってくれるといいですけれども。
エビネは他の蘭以上に、調子を掴みにくい気がしてます。まだまだ修行中です。

コオズ系交配種
コオズ系
臙脂色がとても綺麗な花です。
この臙脂色深すぎて室内では黒っぽく地味な色合いになってしまうのですが、自然光の中では本当に見事な色彩なのです。

多分(コオズ×サツマ)系

コオズ系×サツマ系
地元のエビネ愛好会の展示会で「香りがいい」と薦められて、連れて帰ってきた花。
少しだけ褐色味を帯びた黄色を花弁に、澄んだ黄色の舌が綺麗な花で、薦められた通りとても香りもいいのです♪♪
午前中の方が香りが強いのです。
1回調子を崩して、去年かなり回復してきていたのですが、去年植え替え後また調子が今一つ。現在建て直し中の一鉢です。

調子を崩したエビネは駄温鉢+硬質鹿沼→プラ鉢+水苔に植え替えて調子を見てます。
よっぽど調子が悪い株は、そのままバルブが腐って消えてしまうこともあるのですが、結構元気になってくれます。
えびね | 23:42 | comments(0) | -
アマミエビネ
アマミエビネ
アマミエビネです。南方産なので室内越冬させてます。そのせいで花の時期がどうしてもはやくなります。
咲いたのは3月上旬。
今はもう花は終わってます。

ほんのりとかすかに淡いピンクを帯びた清楚な花です。
なかなか上手く育ててあげられなくて、いつも花数が少ないんですよね。
来年こそ、と毎年思う株の一つです。


現在、我が家のエビネは満開です♪
色とりどりでほんと綺麗に咲いてくれてます。
エビネを育てていると、春は楽しみな季節であると同時に怖い時期でもあります。
ウィルスに感染しやすいエビネ、新葉や花に症状がはっきりとでるので、感染しているか否かの判別もこの時期に確認するんですよね。
感染していれば処分しかなないので、ドキドキしながら観察してます。
なんとか今年も大丈夫なようでほっとしてます。
ブログがだいぶ遅れているので、今は3月上旬の開花記録になってます。エビネをupできるのはちょっと先になりそう。
1.2月にさぼっていたツケがでてます(汗)
えびね | 07:38 | comments(2) | -
オナガエビネ(Cal.masuca)
オナガエビネ(Cal.masuca)
夏咲エビネの一つ、オナガエビネです。
長い距が種名の由来だとか。
藤色の花色がとても涼しげで綺麗な花です。1輪ずつ順に咲いていくので、花のある期間は結構長いのです。夏の花の少ない時期、目を楽しませてくれています。
うちではだいたい、ツルラン、ダルマエビネの後に咲くので、エビネだけで、何かの花が咲いている時期が結構長くが長くなるのでありがたいです(笑)
去年は、ハダニやスリップスのせいで綺麗に咲かせることができなかったので、今年は気を付けました。
うん、綺麗に咲いたなぁと思っていたのですが、やっぱり多少は吸われてます(汗)

丈夫ですが、春咲きエビネより葉が薄いせいか、日差しは結構苦手なようで、朝日が短時間あたるだけなのに葉焼けが……。
まぁでも元気に育って増えてきてくれているので、いいのかな。
南方系のエビネなので冬は屋内で越冬させてます。屋外でも雨風が当たらない程度にしてあげれば越冬しそうな気もするんですが、つい過保護です。
えびね | 10:53 | comments(0) | -
ダルマエビネ(Calanthe alismifolia)
ダルマエビネ(Calanthe alismifolia)
初夏咲エビネのダルマエビネ(別名ヒロハノカラン)です。
ちょっとだけ先端に緑を帯びた萼片や、全体的に淡い紫の可愛い花です。
花弁と萼編がころりと丸く、大きな舌の作る形をダルマに見立てて、ダルマエビネと呼ばれるのだとか。
1輪1輪の花持ちはあまりよくないのですが、春咲エビネと違って、ゆっくりと1輪1輪順番に咲いていくので、花のある時期は長くて1ヶ月以上になるのかな。
写真は6月末だけど、ちょうど今最後の花が終わりかけてます。
花の少ない時期に涼しげな色で目を楽しませてくれました♪♪
えびね | 14:52 | comments(0) | -
<< | 2/22PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS